育児のストレスが限界になる前の軽減・解消法

育児のストレスが限界になる前の軽減・解消法

育児のストレスが限界になる前の軽減・解消法

育児のストレスが限界になる前の軽減・解消法

核家族化が進み、ママの子育ての負担が大きくなっています。子どもはかわいいのですが、やはりストレスはたまるものです。

 

旦那様に家事を分担してもらったり、地域のコミュニティに参加したり、リフレッシュのために託児所を利用したりして対策をしている人も多いでしょう。

 

しかし、うまくストレスが軽減や解消ができない人もいるのではないでしょうか?

 

上手く子育てでのストレスが解消できないと、爆発して子どもや旦那様にあたってしまったり、過食になって太ってしまったり、自分の身体を壊してしまったりすることになります。

 

そこで子育てのストレスを減らし、解消する方法を紹介いたします。

 

休みの日に旦那様に子供と外で遊んでもらう

私が子育てのストレスを減らすために実践している事は、

  • 旦那が休みの日にはなるべく旦那に子育てに参加してもらう

ようにしている事です。

 

平日はほとんど仕事で子供の相手が出来ない旦那ですが、休みの日には子供を外へ遊びに連れて行ってもらい、その間に私は好きなお店へ行って服を見たりといった、自分の時間を設けるようにしています。

 

そのおかげで、自分にちょっとした休みを与えることが出来ました。

 

逆に、その結果旦那と二人きりでゆっくり過ごす時間はめっきり無くなりましたが、それでお互いがうまく育児を分担できているので、旦那もそこは理解してくれています。

 

子育てにストレスを感じているママさんは、一人で子育てを頑張ろうと抱え込むのではなく、周りの人も頼りながらほどよく子育てをしていくとストレスに感じなくなるかと思います。

 

33歳・女性

 

 

子供に感謝の言葉を伝える

子どもと一緒にいると、大人だけでいるときとは違ったストレスを感じる方も多いと思います。

 

どうして何度言っても給食の箸を出さないのだろう?
何度言ってもパジャマがぬぎっぱなしなのは、なぜ…?

 

一つ一つは些細なことだけれど、それが積もり積もるとやがて「どうしてできないの!?」という大きな怒りに変わりますよね。

 

恥ずかしながら、私はそうでした。

 

そこで私が取った方法は、心の中ではさっさとせんかい!と思っていてもそれを顔に出さず、冷静にやってほしいことだけを子どもに言います。

 

小学生以上なら大体はやってくれます。

 

その後「はい、ありがと、助かった」と感謝を述べます。

 

ポイントはあなたがやってくれて、お母さん助かっちゃったわというニュアンスを出すことです。

 

ほめるよりも、感謝されるほうが子どもって案外やってくれます。

 

これを繰り返していくうちに、我が家は自分でしてくれるようになりました。

 

決してやらないことをネチネチ言ってはいけません。

 

それで子どもはやらなくなります。

 

30代女性

 

保育所の一時保育を利用する

私は3歳と1歳の子をもっています。

 

少しずつ楽になり、つきっきりで世話をしなければならないことも少しは減りました。

 

ですが、やはり3歳と1歳では遊び方が違うことも多く、外に出て自転車を押したりしながら、1歳の子の様子を見ているのがとても大変です。

 

上の子が折り紙や粘土をしたいといってさせても、下の子がくしゃくしゃにしたり、粘土を食べたりしないかとてもハラハラしながら生活しています。

 

少し1人になりたいと思い、今は
週に1日、午前中だけ、近所の保育園で一時保育をやっているので、2人とも見てもらっています。

 

子供たちは色々な子と関わることができるので、とても楽しんでいます。

 

お昼ご飯を食べて帰ってきますので、その日だけは私も好きなご飯を好きな風に食べたり、たまにはお一人様で外食したりと、息抜きができるようになりました。

 

公共のサービスですが、思い切って有効活用して、自分の心をリフレッシュさせることも大切だと思います。

 

29歳、女

 

夫の実家や一時保育の託児所で子供を預ける

夫の実家が車で15分と近かったこともあり、毎週末親子で通っていました。

 

しかし義母のお目当ては孫だけで、私には目もくれません。

 

夫は実家に集まる親戚たちとゲーム三昧で、正直居場所がない私でした。

 

そこで思い切って

  • 私だけ実家に行かず、留守番をする

ようにしました。

 

夫と子供がいない数時間は私の自由時間です。

 

ピザを頼んだり、好きなテレビを見たりとやりたい放題でした。

 

義母は孫を可愛がりすぎで、子育てに関して多少不満を持っていた私でしたが、自由な一人の時間を優先しました。

 

子供が歯も磨かず甘いものを食べて虫歯になろうが、夕飯が食べられないくらいお腹いっぱいになろうが、一週間のうちの二日だけのことと割り切りました。

 

子育てはどうしても女性の比重が大きく、そして長期間に渡ります。

 

見えないストレスがどれだけ溜まろうと、夫や周囲がそれに気づいたりねぎらってくれることはほぼありません。

 

ならば頼れるものは全て使って、少しでも自分の自由時間を作るしか方法が無いと思いました。

 

私は義母だけでなく

  • 一時保育の託児所

も使ったことがあります。

 

お金はかかりますが、ストレスで心身ともにおかしくなるのを防ぐには必要なお金だと思いました。

 

子育ては終わればあっという間ですが、最中はとても長く感じます。

 

子供と同じく自分も大事な存在であることを認識して、いろいろな方法を探してみることをお勧めしたいです。

 

52歳 女性

 

 

整体などで身体のセルフケアをする

私自身、マタニティの整体院で働いているのですが、お子さんが小さく活発なため、ついていけずストレスを溜めたり、身体を壊してしまう方が非常に多い印象を受けます。

 

そのようなことにならないためにも、自分自身を労ってあげなければなりません。

 

まず、自分の身体がどのような状態なのかをしっかりと把握してもらうために、そのような

  • 専門の整体に行く

ことが望ましいと思います。

 

しっかりと自分の身体を直し、正しい身体に直すことができると、自ずと精神的なストレスは軽減されると言われています。

 

また、そのようなところでセルフケアを教わることにより、さらに自分の健康状態を維持することができ、子供たちのストレス軽減につながっていくのです。

 

もちろん整体院に通うことによって、金銭的なコストがかかってしまうことがデメリットとはなってしまいますが、子育てのストレスを減らすためにはとても良い方法であると考えます。

 

子育てのストレスを溜めすぎてしまうと、子供たちや旦那さん、周りの人たちに当たってしまったり、自分がうつ病や自律神経失調症などの病気にかかってしまうことがあります。

 

早めにストレスを減らすことをしておいた方が良いと思います。

 

そのような整体院を探す際には、口コミなどを参考に良い治療院を探すことが非常に大事です。

 

25歳・男

 

運動して育児ストレス解消

現在2人の子どもの育児をしていますが、夫の仕事の都合でほぼ1人で育児をしている状態です。

 

そのため子育てのストレスはかなり多いと思っています。

 

私はじっとしているとストレスが余計にたまってしまうことから、

  • 育児の合間にランニングをすることでストレスを多少解消

しています。

 

特に速く走れるわけではありませんが、1日5qから10q程度走れると自分が運動できるような人に思えて、気分が上がります。

 

ただしランニングはだいたい1時間程度の時間を取ってしまうことから、子どもの行事があったり買い物に行ったりすると、もう走る時間がなくなってしまい、1週間のうちの半分程度しかできないのがデメリットだと思います。

 

今育児ストレスに悩んでいるというのであれば、悩むこと自体忘れるためにも運動するといいと思っています。

 

39歳・女性

 

子供と離れる時間を作る

子供はかわいいものですが、子育てとストレスは切っても切れない関係にあると言っていいほど、誰もが少なからずともストレスを感じるものです。

 

そんな時必ずと言っていいほど心の中に湧き上がるのが、
「母親なのに、子供に対してストレスを感じるなんて・・」
という罪悪感です。

 

私も初めは、ストレスと罪悪感に葛藤する日々でした。

 

ですが、同じ月齢の子供を育てていた友人が、ある日あっさりと「保育サービスを利用してストレス発散しているよ」と教えてくれたのです。

 

働いていないと利用できないと思い込んでいたのですが、調べてみると近くの保育園で、1日数時間からでも預かってくれる託児サービスをしていることがわかりました。

 

特別用事があるわけでもないのに、託児サービスに子供を預けることに抵抗を感じましたが、どうしても少しだけ子供から離れたくなり、利用してみることにしたのです。

 

丸1日預けて迎えに行った後の、子供のかわいさと言ったらありません。

 

こんなにもかわいかったのかと、子供のかわいさや愛おしさをたった1日離れるだけで実感することができたのです。

 

育児に対する面倒な気持ちや、ストレスが一気に吹き飛びました。

 

それからは、合間を見ては時々子供を預けています。

 

毎日子供だけとの生活を送っていると、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。

 

思い切って

  • 子供と離れる時間を過ごす

ことで、誰かの母親ではなく、自分を1人の社会人として認識することもでき、とてもリフレッシュできます。

 

ここでポイントなのは、「他人がやっている託児所に預ける」ということです。

 

お金がかかるという点がデメリットではありますが、お金をかけているからこそ、誰に気を遣うこともなく、気兼ねなく預けることができ、しかもプロの手によってわが子の面倒が見てもらえるのです。

 

両親や親戚だと、お金を払ってお願いするわけではないため、かえって気を遣うことになりかねません。

 

多少費用が掛かってしまっても、子供と離れて自分1人だけの時間を過ごすことが、なによりもストレス解消だと思います。

 

35歳 女性

スポンサードリンク

関連ページ

子育て経験者の先輩ママから初めての子育てママへの育児アドバイス
初めての子育てはわからないことばかりで不安になります。悩みも多く解決策もわかりません。「子どもの数だけ育て方がある」「子供はいつまでも子供のままじゃない」「成長の速度も人それぞれ」「トイレトレーニングは最初の難関でした」「少しでもいいから自分の時間を持って!」「頑張りすぎないで欲しいです!」「不安でいるより行動を!」参考にしてみてください。
乳児のおすすめの夜泣き対策とは?
かわいい赤ちゃんですが、毎晩頻繁に夜泣きをすると、さすがに疲れてきます。どうにか夜泣きしないように試してみるのですが、なかなか夜泣きを解決できません。そこで新生児、乳児の夜泣きを解決する方法やグッズを先輩ママの体験談より紹介いたします。
野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるおすすめの方法
子どもの健康を考えると、できるだけ野菜を食べさせておきたいものです。しかし、野菜嫌いな子どもに、それを克服させて食べさせるのは、なかなか大変なことです。ジュースにしたり、スープにしたり、お菓子にしたりと、様々な方法を試していると思います。そこで、おすすめの方法を紹介いたします。
子どものシュガーコントロールのおすすめの方法やアイテムについて
子どもは、甘いものが好きです。チョコレートや飴、ジュースなど、止めなければ、いくらでも食べたり飲んだりします。しかし、それらには、多くの砂糖が入っています。その砂糖によって、子どもが虫歯になったり、病気になったりします。そのため、親がしっかり管理してあげることが大切です。ところが、管理するといっても、簡単にできるわけではありません。子どもは、甘いものが好きなので、怒ったり泣いたりしてしまうと、ついつい与えてしまうのです。悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?そこで、子どものシュガーコントロールの、おすすめの方法やアイテムを紹介いたします。
乳幼児の家庭内での事故やケガを防止するには?
小さな子どもの死亡原因の多くは、不慮の事故です。しかも、多くの事故は家庭内で起こっています。また、命にかかわるような事故だけではなく、ケガの多くも家庭内で起こっています。お家の中は乳幼児にとっては危険がいっぱいです。しかしその危険も、しっかりと気をつけて防止することで、多くの事故やケガを防ぐことができます。そこで、かわいい子どもが怪我をする前にできる防止方法やグッズなどを紹介いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ