七五三を行う年齢〜満年齢・数え年〜

七五三を行う年齢〜満年齢・数え年〜

七五三を行う年齢〜満年齢・数え年〜

 

七五三というのは、

 

子供の無事な成長を神様に報告して感謝の意を伝え、健康を祈るための儀式です。

 

基本的には11月15日に、

 

住んでいる場所から近い、神主さんがいる神社の本殿で、ご祈祷を受けます。

 

ですが、しっかり11月15日にこだわらず、
10月中旬〜11月前半で、吉日など日柄の良い日や土日祝日などにお祝い・お参りを行うのも問題ないです。

 

パパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃんの都合の良い日に時間を気にせず、
お祝いできる方が良いですもんね(●´ω`●)

 

七五三の時期は、神社はとても混み合います。
お参りの日にちが決まったら、遅くても1週間前にはご祈祷をお願いする神社へ予約の電話を入れましょう。

 

七五三を行う年齢は、地域によってもさまざまのようですが、

 

基本的には、子供ちゃんが男の子の場合・・・3才、5才
        子供ちゃんが女の子の場合・・・3才、7才に行います。

 

この、年齢のところで迷うママが多いようですね。

 

満年齢なのか数え年なのか・・・

 

昔は数え年でお祝いを行うことが多かったようですが、

 

最近では、満年齢でのお祝いが一般的のようです(*´∀`*)b

 

ちなみに2014年では、

満年齢でお祝いするのであれば、

 

平成23年(2011年)生まれの満3才の男の子・女の子

 

平成21年(2009年)生まれの満5才の男の子

 

平成19年(2007年)生まれの満7才の女の子 

 

がお祝いの対象になりますね。

 

数え年でお祝いするのであれば、

 

平成24年(2012年)生まれの男の子・女の子

 

平成22年(2010年)生まれの男の子

 

平成20年(2008年)生まれの女の子

 

がお祝いの対象になります。

 

記念写真はいつ頃に撮るのか・・・

 

フォトスタジオによっては、“前撮りキャンペーン”をしている所もあるみたいです。

 

大体4月、5月頃〜キャンペーンを始めるところが多いです☆

 

私の娘の時は、その前撮りキャンペーンで流行の着物・ヘアーメイクをしてもらって

 

11月に神社でお参りの時には、親戚のお下がりの着物、ヘアーメイクは私がして節約しちゃいました(´∀`;)

 

フォトスタジオの中には、
早い時期に前撮り撮影して、11月のお参りの時には着物の貸し出し、ヘアーメイクをしてくれるような
プランがある所もあるみたいです♪

スポンサードリンク

関連ページ

初穂料の相場と七五三にかかるお金
神社に納めるお金・ご祈祷代の相場、衣装代、写真代など七五三にかかる費用を紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ